ナレーション

【ナレーター営業】制作会社が集まる展示会訪問レポート【コンテンツ東京】

大山もも代
大山もも代

こんにちは!

バイリンガル・ナレーターの大山もも代です!

今日は、2019年4月3日~5日の日程で開催されていたコンテンツ東京2019に行った話をします。

コンテンツ東京ってなに?

コンテンツ東京は、ビッグサイトで毎年開催されている大規模なEXPO。

日本最大のコンテンツビジネス総合展
コンテンツ制作、映像・CG制作・広告デザイン・ブランディング、権利・IT・最先端デジタルテクノロジーなどが出展。
メディア、エンターテイメントや企業の宣伝・マーケティング部門の方々が来場し、活発な商談が行われています。
貴社ビジネス拡大のために、ぜひ ご出展ください!

-公式サイトより

(特にフリーランスで)クリエイターをやってる人はチェックしといてもいいんじゃないかな、と思います!

なぜナレーターの私がコンテンツ東京に参戦したのか

ナレーターは、基本的に制作会社さんからお仕事をもらっています。

コンテンツ東京には、そんな制作会社さんがたくさん出展されていて

先輩ナレーターさんが毎年営業に行っていると聞いていたのです。

私も行ってみたいなと思いながらチャンスがなかったので、今年初めて行ってみました!

まずは普段よくお仕事させていただいているソレモさんのブースを訪れたら

私が日本語と英語でナレーションしている会社紹介ビデオが流れていました。

展示会場で自分の声が流れているのを聞けて感動しました。

(写真撮り忘れた…)

表向きは一応営業禁止ということなので、私はお付き合いのある制作会社さんへのご挨拶というのをメインとして行ってまいりました。行かれる方はそのあたり、お気を付けて

行ってみて、どうだった?

結果、行って大正解でした!

今回の目的を、知名度アップと定めたので

日本語と英語でナレーションをしている大山もも代というナレーターを知ってもらうため、こんなパンフレットを持参しました!

これを機に、色々な方とお話ができて本当に良かったです!

日本語と英語でナレーションが必要な場面て、

自分で思っているよりも多いのかもしれないなと思いました。

そして、日本語→英語の原稿翻訳や、収録するスタジオ手配なども

依頼があれば全然やってるんですが、そこまで需要があると思っていなくて。

これからはそういうこともちゃんと発信していこう、という気付きもいただけました!

 

ちなみに、このパンフレットは「ラクスル」で作りました!

センスゼロの私でもオンラインで簡単に作れたのでおすすめです。

A4フルカラーのチラシを200部作ったんですが

クーポンの割引がきいて合計1,188円でした。

しかも3/28の夜中1時に入稿したら、3/29の12時に出荷でした。

めちゃくちゃ早い。。

同時開催クリエイターEXPOについて

隣接している会場で開催のクリエイターEXPOという展示会では、フリーランスで出展されている方がたっくさんいて(一坪マーケットみたいな感じでずらっとブースが並んでる)

こういう案件があるんですけど、お願いしたらやってもらえます?
大山もも代
大山もも代
もちろんです!それだったらこういうのとか・・・

みたいな感じでフリー同士、話が盛り上がりました。

フットワーク軽いのはフリーの強みですね。

映像関係の方が多かったかな。医療関係の動画専門の方とか、グラフィック専門の方とか、おしゃれすぎる動画を作ってる方とか。

イラストレーターの方も多かったです。

ナレーションや声優関係の方もちらほらといらっしゃいましたよ。

今後色々な形でつながっていけたら良いなと思いました。

そして私もいつか出展できたらよいかも…などと夢は膨らみました。

他にはどんな展示が?

あまり楽しく見て回る時間はなかったんですが、

最新の技術とか、VTuberとかワクワクする展示もたくさんありました。

これも写真撮れば良かった。

高速で回ってるプロペラに映像を投影する技術がすごかったです。

未来のポスターってああなるのかな、なんて思いました。

おまけ

終わった後はビッグサイト出たところにあるタリーズでしばし休憩。

こんなスイーツを食べちゃいました。ふぅ~

ママがコンテンツ東京にいってる間、息子はおじいちゃんおばあちゃん家でお留守番でした。

「おりこうにしてるよ~」

と送られてきた写真にめちゃくちゃ癒されました。

待っててくれてありがとね。

コンテンツ東京に営業に行きたい方への注意

ここからは少し小声で・・・

これを読んで、私も営業行ってみようかな!と思われた方へ。

繰り返しにはなりますが、コンテンツ東京はあくまでも出展社さんがお仕事を受注するための場。
出展料を支払っていることを考えたら当然ですよね。

ということなので、私もお付き合いのある制作会社さんへのご挨拶というのをメインとして行ってまいりました。

でも!!

行ってみて感じたのは、こちらからの提案は非常にウェルカムだったということ。

「日本語と英語のナレーション、必要な時ありますあります!」

という反応が多くて、それはとても嬉しかったです。

毎回選んで頂けるかはわからないけど、候補に上がるということはナレーターにとってとても重要なことなので。

もしクリエイターさんで、コンテンツ東京行きたいなーという方は、

・お付き合いのある会社さん、クリエイターさんを訪問する形で行く

・他の商談の迷惑にならないようにする

などの基本的なことはお互い守っていきましょう!